引っ越しを通して一人暮しをしようと考えている女性にとにかく読んでもらいたい、防犯を含む様々なテクニックをご紹介していきたいと思います。
引っ越し前の賃貸アパートさがしのカギから、普段の生涯での防犯のワザまで、まるっと様々言いつけちゃいます!

引っ越し前の賃貸アパート探しはここを調査!

防犯に強い地域選びのコツ

引越し先はどこにしようかな、と考えたときに、はからずも地名が有名な吉祥寺や下北沢、高円寺などが思い浮かびますが、幾らか待って下さい!
引っ越しの際に断然大切なのは「治安(女子大学生目線での)」「生活のしやすさ(スーパーやコンビニなど)」「交通の便利さ(バスや電車など)」の3つだ。
有名なゾーンだからと言って、その地域の全額が治安がいいとは限りません。
ほとんどが屋内で、しかもその半分が物件なのです。
中高層物件というのは、4階建て以上の民家になり、それ以外はその他の物件になります。

WEBや不動産の「治安が素晴らしい」を信じすぎるのはリスキー

ネットで成田市の住みたい街路の治安を調べたところ(○○町+治安などでサーチ)「こういう街は治安がいいよ!」とか「ここを治安が悪賢いとかいうって何とかしてる」なんてレビューがあっても、それを素直に信じてはいけません。
なぜなら治安(安全)はおんなじ部位であっても男女や年齢で大きく違うからです。
たとえば、お金持ってなさそうな姿勢の40代のおっちゃんが夜道をあるくのと、20代のかわいくてミリオネアーそうな女性が夜道をあるくのとでは、罪に合う料率はとても違うよね?
なので、「○○町は治安がいいよ!」などという根も葉もない一報があっても、簡単に心頼みせずにきっちり自分でまさにその土を歩いてみることが大切です。

ポリスが発表している犯罪件数は、痴漢や肌着ドロの頻度は必ずしも一致はしない

ポリスが発表している刑法犯出現個数というのは、このサイトも治安一報において書いてますが、どうしてもこれが少ないから治安が良い、というわけでもありません。
なぜならこういう統計はポリスに知らせがあった頻度だからだ。
女子大学生の多くは痴漢傷や肌着ドロなどにあった事態、知らせとめる指標が8割から9割身の回りもあると言われています。
なので、ポリスが発表している罪個数は数少ないけども本当は痴漢が多かった、なんてこともあるわけです。
私の周りの女性でも、治安がいいと言われている○○区に住んでいたら、ある日の夕刻、住居の駐輪場で直ぐに男性に胸を1分間ほど揉まれたことがあったそうです。
銘々な女性は、プランを歩いていたら男性に急きょ口付をされた、という経験があると言っていました。
再度、車で連れ去られてイジメされたという方も2呼び名ほど知っています。
そういうことにならないためにも、引っ越しの際のゾーン決定はヒントとなってきます。

防犯に強い地域選びのコツとテクニック

・駅前の第一印象は非常にヒント。
それ程第一印象は当てはまる場合が多いです。
シカト自転車が多かったり、クズがぽいぽいといった捨てられていたりしたら要注意。
二度と重要なのが道停止やる車の頻度だ。
バンや軽自動車など、アヤシイ車が道停止しているようなゾーンは避けたほうが望ましいでしょう。
・駅舎から建物までの道すじ。
いいな!という建物があっても、できれば夜に一度近所って用意に行くと良いです。
昼間は明るかったのに夜はほとんど街灯が少なくて物悲しい、とか人通りがすっごく乏しい、というプランは罪に合う料率も激しく危険です。
閑静な物件街は住み易いですが、あまりにも自身がいなさすぎる部位は逆にリスキーだったりします。
賃貸アパートまで帰る夜道の途中で、一本道しかないストリートの途中にブラック車が止まってたりしたら甚だこわいですよね。
・スペシャルなどのユーザビリティもヒント。
治安や安全も大事ですが、普段の食べ物バックグラウンドも大事です。
ビッグスペシャルや薬屋が近くにあるかどうかは重要なポイントとなってきますので、必ず確認ください。
・通勤・通学の電車のラッシュを調査!
いる部位が良くても、毎朝電車がとてつもなく混んで痴漢にとことん出会う、なんてことにイヤですよね。
かならず最寄り駅の電車の混み具合を考えるようにしましょう。

防犯に強い部屋選びのカギとワザ

住みたいゾーンが決まったら、次は部屋の探し出しだ。
・イマージェンシープロセスや共用空欄にタバコの吸い殻が落ちてないか検討。
面白市民が住んでたりすると、住居の共用要素が汚れていたりすることがあります。
住居の清潔感はどんな人がいるかをわかる上で非常に肝だ。
・横の部屋のベランダにクズ手提げが散乱してないか検討。
隣席が片づけ不器用で、クズ家屋だった事態、あなたの部屋にも虫が多く発生する見通しが非常に高くなります。
建物を選ぶ際に、たまたま横のベランダも確認するようにしてみましょう。
・住居の書簡身許で姓名を調査。
住居の書簡身許で姓名をチェックすることも大事です。
いいと思っていよいよ住んでみたら、邦人はわたくし1自身だった、なんてことも。
コピーが通じない場合や、文明の違いなど、トラブルになるケー。
・自動ロックは簡単に開いてしまう!
こういう住居は自動ロックなので安心です!なんていうPRは望ましくありますが、かなり安心ではありません。
玄関が自動ロックだったとしても中に入るものはいくらでもあります。

引っ越し店の決め方

住む部位も決まって現に引っ越し!となったら今度は引っ越し店を探さなければなりません。
引っ越しを頼むと、あまりに知らない紳士陣を賃貸アパートに上げることになります。
引っ越し店が大手も、勤める人達はアルバイトの人も多いのでちょこっと当惑…という人には「レディースルート」というものがポップアート引越センターにはあります。
女子大学生の人手だけなので非常に安心できるプランニングだ。
廉価だけで引っ越し店を決めてしまって、これから後悔するよりもからきしいいですよね。

性罪から身を続けるには

安穏、引っ越しも完了したら後は面白く日々を過ごすだけです!
ただし、防犯意識はいつも持ち合わせるにこしたことはありません。

一人暮らしの毎日に潜む様々なリスキーと方策

・夜のコンビニエンスストアは気をつけよう。

夜間に歩いている項目そのもの気をつけなければイケナイのですが、殊更コンビニエンスストアは要注意。
注文の内容が必ずや「女子大学生で一人暮ししてますよー」という模様だったら狙われる公算があがります。
夜間のコンビニで、男性に後をつけられるについては少なくありません。
かならずつけられていないかチェックし、仮にブラック自身がいたら何とか賃貸アパートがくらいてもタクシーで舞い戻るようにしましょう。
賃貸アパートが容疑ヒューマンに洩れるのが至高恐ろしいのです。

・スマホをいじりながらあるくのはリスキー!

スマフォを見ながら夜道をあるくのはハード危険です。
殊にイヤホーンでBGMを聞いているのは至高アブナイだ。
間近が見えていないので、容疑ヒューマンに垂らしられてもわかりませんし、自分の前にブラック車が止まっていても気づけません。

・自転車に乗っているから安泰は間違い!

自転車に乗っている事態、押し倒されたら身動きが取れません。
本当は自転車で夜道を走り回ることも危険なのです。

・酔っ払ってるのがばれるとリスキー!

酔っていると一致がにぶくなるため、罪ヒューマンに襲われ易くなります。
お酒は適度に飲み込むようにしましょう。

・窓を開けてるのはリスキー!

窓を開けてるという気持ちいいからと言って、窓を開けて寝てるのは非常に危険です。
窓を開けていると、窓にカーテンがかかってない分け前、外から結構目立ってしまう。
高層階もベランダに誰かが見て取れることも。
とくに暑い季節は窓を開けたくなりますが、できるだけ開けないようにください。
立ち寄るときは、かならずすべての窓に鍵をかけて下さい。

・カーテンがピンク色だと極めてリスキー!

外からパッと見て奥様の一人暮しだとバレるようなカーテンは選ばないようにしたほうが良いです。
ストーカーにも合い易いですし、覗き魔に狙われることも。
一人暮らしのカーテンの決め方はこちらの報道をご覧下さい。

・洗濯物を外部に乾かすのはリスキー!

これはすばらしく言われていることなので、やる自身も少ないと思いますが、罪ヒューマンは洗濯物を見て女子大学生の一人暮しを判断すると言われています。

・突然の人々には留意!

押し売りや宗教など、突然の人々はロクな自身がいません。
「ピンポーン」といったチャイムがなっても不用意に出てしまわないようにください。
ほかにも、
「宅配便でーす」という偽って入ってきたり、
「脇の小包を預かってくれませんか?」
「下の部屋で水目溢しがあるので、少々見せて下さい」
「気体メーターの調査をしています」
「消防再考だ」
など、さまざまな手口で入ってこようという行う。
誰か訪ねてきた際はきっちり、ドアスコープ(もしくはインターホンカメラ)でパートナーの位置付けをバッチリ確認するようにしましょう。
とはいっても、手馴れていらっしゃる犯人はぱっと見ただけではわからないように変装していることもあります。
診療関係の場合は、診療をしている団体に電話して確認すると確実です。

・ドアループは本当は簡単に壊れてしまう。

ブラック人々だけど気になるから少々話を聞いてみよう、ドアループしてれば大丈夫し、という意識はアブナイだ。
大抵の賃貸住居のドアループは、簡単に外されてしまう。
或いは道具を使えばループは楽に切られてしまう。
ドアループを過信してしまうとまずい目にあってしまうので気をつけましょう。

・不要品仕入れ詐欺に留意!

「不要品を無料で仕入れいたしまーす」という車両が町中を走っているのを見かけたことはありませんか?
不要品を回収してもらおうとして頼んでみたら、無料どころか多大な手間賃を要請された、部屋に入ってきてみっともない目で絶えず見られていたなどというメッセージもあります。
もしもそういう傷にあったら絶対にポリスに知らせください。
因みに粗大ごみは区のサービスを利用するのが一番安くて確実です。

・部屋にはいるときに留意

警視庁によると、こうした手口があるそうです。
住居の出入り口で待ち伏せて、クライアントと共にエレベーターにのり、わざとあなたが辞める階の一個下で終えるそうです。
そうしてプロセスを急いで登って、あなたが自分の賃貸アパートのドアを開けた瞬間に襲いかかってきます。
これは恐らく、エレベーターのコントロールカメラから犯人を割り出させない結果、というのもあるのかもしれません。
部屋のドアを開けるときに、自分で鍵を開けるは、中に真っ白と宣言している感じ。
物陰に隠れて、ドアが開いたところ襲って来ることもあるので、間近を一心に確認してからドアを開けるようにしましょう。

・安全なエレベーターののぼり人

エレベータで容疑ヒューマンに襲われるということは本当に相当発生しています。
昼も襲われるケースがあるので気持ちを抜けません。
・エレベーターに股がる前には、かならず周囲を確認し、あやしい自身ってふたりきりで乗らないようにやる。
・仮にふたりきりで乗ってしまった場合は、自分が辞する階じゃなくても一気に降りましょう。
・ドアの閉まる直前に強引に来る場合もあります。かならずイマージェンシーベルの押せるドア前に立っていて下さい。
・相手に背中を対しない。背中を向けていると相手に触られ易いケースになってしまいます。 かならず壁紙を背にするようにしましょう。

SNSの気軽な投稿が女性の身を危険にさらしている!?

SNSやSNS、ラインの時間方法などで自分の生活のことを書く女性がいますが、本当はこれもリスキーが潜んでいます。
SNSで書いたゾーン呼び名やお店の姓名などから地方を弾き出したりすることも叶うので、お忍びに対することはできるだけ出さないようにしましょう。