賃貸アパートに一人暮らし 広さ

憧れの一人暮らし。「部屋はお洒落な居宅道具を置いて、ベッドはこれでソファはあれで」といった、熱望はザクザク膨らみます。
ただし一人暮らしを何とかするシチュエーション、概ねワンルームか1K、1DKくらいになる場合が多いハズ。(金持ちのボンボンは置いといて)
では、それぞれの広さはどれくらいだと思いますか?
無論おんなじワンルームタイプでも、専有面積の成果がでかいほうが、より幅広いワンルームということになります。
ここではそれぞれの群れの平均的な専有面積という特徴を書いていきたいと思いますので、とにかく参考にしてください(`・ω・´)ゞ

一人暮らしに適した部屋の広さ*早わかり解説!

ワンルーム(専有面積13〜20㎡)

東京で安い家屋、ないしはターミナルに果てしなく間近い家屋で探すと、ワンルームも8万円料金はざらにあります。
ワンルームの特徴としては、

  • 部屋で焼き肉をやると大変なことになる(2.3日は焼き肉の感を嗅ぎながら寝ることに)
  • 類銭湯が非常に多い。(お風呂と便所が一緒の輩)
  • 保全マージンが少ない。
  • 部屋が一つなので、食事も献立も寝るのも一緒の部屋。
  • 洗濯チャンス置場が屋外における群れもあるが、洗濯チャンスの退廃がどぎつい。
  • 食事マージンはほぼない。

キッチンマージンが平等というのがツラいですが、住めないこともないだ。
とはいえ、20代初期ほどまでですかね…。
居宅賃が理不尽良い優良家にもワンルーム群れはありますが、部屋のがたいが12.3畳ほどあったりって、普通のワンルームとは違う質感になっています。

1K(専有面積13〜25㎡)

ワンルームに添付キッチンがついた群れだ。
1Kの特徴としては

  • キッチンは他だが、細い場合が多い。
  • 部屋に居宅道具を捨て置く場合はきっとワンルームと同じようなイメージ。
  • 保全マージンはもちろん少ないので、ちょい不便。
  • 類銭湯群れが非常に多い。

僕もこういう群れに何回か住んですことがありますが、割と誠にかなってました。
しかし自炊ができない(しづらい)のは非常にイタかっただ。
そういった群れって、少し古めかしい家だと、コンロは電熱線か電気コンロのか弱い群れがほとんどです。
まな板を置くマージンもないので、かるくつまみを決める程度しかできないのが不具合。

1DK(専有面積20〜30㎡)

1Kからもっとダイニング(ゴハンを摂る界隈)が特別なった群れだ。
ダイニングキッチンといった他な部屋(動画で6畳といったなってるとこ)が、4.5畳から8畳までの場合は1DKとして、8畳以上の場合は1LDKという記帳になります。
1DKの特徴としては

  • ダイニングが他といっても、家屋によってはダイニングとして使えないような狭さの家屋もある。
  • 類銭湯って湯船便所別の2標本になってくる。
  • 大してダイニングキッチンと呼ばれるマージンの用法に窮する。(迂闊すぎて)
  • 保全マージンは家屋によってはとても幅広いことがある。

ダイニングキッチンが中途半端なことが多い1DKですが、間取りによってはキッチンマージンを大きく出来ることもあります。
僕はダイニングにキッチン居宅電皆と洗濯チャンス、ウエアを置くため、部屋をあっさりさせることができました。

1LDK(専有面積23〜35㎡)

1DKのダイニングキッチンがリビングダイニングキッチンになった群れだ。
1LDKの特徴としては

  • リビングダイニングのほうが部屋から幅広い場合もある。
  • 保全マージンは割と確保されて要る。
  • 類銭湯群れによって湯船便所他群れが多く陥る。
  • 残余が大きい結果、オシャレな部屋にしやすい。
  • 東京で1LDKは随分居宅賃が厳しい。

一人暮らしで1LDKに住めたら極めて良いと思います。
生徒の場合は仕送りが大いにないとキツいでしょう。
社会人の場合、東京で1LDKやりくりをしたいのであれば、住むエリアにもよりますけどひと月38万くらいはサイテーほしいところです。

2LDK(専有面積35〜45㎡)

1LDKにどんどん部屋がもう一つ増えた標本だ。
2LDKの特徴として

  • 湯船便所他ばっかり。
  • 和室がある場合が多い。
  • マンション本体の用品がしっかりしていることも多くなる。
  • 全部の部屋をキレイな状態に保つが随分しんどい

2LDKに住むといった、馴染みが複数人来ても残余な広さになります。
自宅で仕事をしている人のシチュエーション、一部屋を圧倒的職部屋にできることも大きな恵みだ。
同棲をする場合もこれくらいの群れがいいと思いますが、やっぱり自ら住むにはまだまだ広いかも。

一人暮らしで気にするべき部屋のツボ

部屋の広さと性質

初めての一人暮らしで家屋をいくって、やたらと部屋が大きく見えると思います。
何で部屋が大きく映るかと言うと、居宅道具がない結果だ。
実に住み始めるといった、最初に感じた広さの3分の2くらいの居留マージンになりますので注意しましょう。
先部屋の性質はかなり重要です。
三角形とか、五角形の部屋は、居宅道具が置きづらいのでなるべくなら正方形か長方形の部屋を選ぶほうが無難です。

キッチンの種類

ワンルームや1K容積だと、キッチンでの食事は諦めたほうがいいかも…。
まな板を据え置くマージンすら無いことがほとんどです。
コンロの種類は瓦斯・電熱線、IHの3等級で、自分はぜんぶ使ったことがありますが、瓦斯がベストだ。
とくに3つ口のガスコンロがあるという、全然本格的な食事ができますよ!

銭湯・便所

これもワンルームでは銭湯・便所一緒の家屋ばっかりになります。
それぞれが相応しいーーー!と思っても諦めましょう。
がんばって探せばワンルームも銭湯便所他はありますが、居宅賃がまさか良いケー。
銭湯・便所が一緒の欠陥は、

  • お風呂に入っている時に便所が当てはまるのが微妙にボルテージ下りる。
  • トイレットペーパーがゆげで湿る。
  • ボディを洗うときに湯船おけの中で洗わなければいけない。

こういう3つが大きなポイントです。
逆に整備は銭湯・便所が一緒のほうが楽ちんという意見もありますが、うーん、自分は銭湯便所他が好きです。

保全マージン

随分小気味よく考えがちな保全マージン。
保全マージンが大きいと本当に便利です。
馴染みを部屋に叫ぶときに、部屋が脱ぎっぱなしのファッションで悪賢い条件だったとしても、保全マージンが大きければ平安!
保全マージンの開いてる残余に脱ぎっぱなしのファッションをど少し入れちゃうことができます。
一人暮らしをしているとさほど物は増えていきますので、保全マージンは高いに越したことはありません。

一人暮らしに最適ながたいは

1Kから1LDKほどが妥当な界隈です。
とはいえ、大学近くのアパートで1LDKは大いにミリオネアー。
だらだらで1Kになる場合も多いと思います。
重要なことは、「居宅道具を置きすぎない会社」だ。
細い部屋でも細いなりに居宅道具やものを厳選して捨て置くため、さわやか残余製造は可能です。
逆に細い恵みとしては、色恋が娯楽に来た時に自然と距離が近くなるといううまい厚意もあります笑
一人暮らしは内側を同一させるって部屋が小さくてもオシャレな部屋に早変わりしますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。
では人々、いい一人暮らし命を堪能下さい!